活性酸素とは

活性酸素は老化と万病の元

活性酸素は呼吸で取り込んだ酸素の内の2〜3%がいろいろな原因で化学的に不安定になった酸素分子で、安定を得ようと暴走して周囲の細胞や遺伝子に障害を起こす毒性の強い物質です。食べたものをエネルギーに変えるときにも必ず発生しますので、体内では常に発生し続けているのです。

一方、体内にウィルスや細菌が侵入すると白血球が活性酸素を発生させて侵入者に吹き付けて退治します。ですから活性酸素は人体にとってなくてはならないものでもあるのですが、どうしても多めに発生してしまう活性酸素が周囲の正常な細胞まで傷つけてしまうということが起こってしまいます。

活性酸素は老化現象をはじめガンや生活習慣病などの主な原因であることが分かっていて、病気全体の90%以上が活性酸素が原因で起こるといわれています。

老化によるシミやシワなども活性酸素の影響で皮膚の組織が酸化されておこる現象です。
ガンや糖尿病や動脈硬化などの生活習慣病も血管や細胞や組織が活性酸素の攻撃を受け、酸化してしまうことで発生します。

活性酸素が発生する原因にはエネルギー代謝のほか以下のものがあります。

◎喫煙(本数に関わらない)
◎自動車の排気ガス
◎紫外線
◎放射線、X線(レントゲン)、電磁波(パソコン・スマートフォン・電子レンジなど)
◎食品添加物(着色料、保存料など)
◎暴飲暴食
◎息が切れるような激しい運動(ジョギング、マラソンなど)
◎化学薬品(農薬、除草剤、殺虫剤、カビ取り洗剤など)
◎飲酒(量に関わらない)
◎ストレス(強さによって発生量も変わる)

抗酸化対策をしよう

老化の進行を遅らせ、深刻な病気を防ぐには活性酸素をできるだけ減らすことが大事です。

人の体内にはもともと抗酸化酵素と呼ばれる物質が備わっていて大量に発生した活性酸素を除去する働きをしています。
しかし抗酸化酵素の活性は40歳前後からどんどん低下してしまい、残念ながら回復することはないといわれています。

ですから、活性酸素をなるべく減らすためには食べ物や飲み物などから抗酸化物質を補給することが必要です。
抗酸化物質は活性酸素を効果的に除去して細胞や組織が酸化されるのを防いでくれます。

主な抗酸化物質には以下のものがあります。
◎ビタミンC・E・A(βカロチン)・ビタミンB2:ビタミンC、E、A(βカロテン)は野菜や果物をはじめ幅広い食品に含まれる。ガン予防の基本ビタミンといわれている。ビタミンBは牛、鶏、豚のレバーに多く含まれる。
◎フラボノイド(*ファイトケミカル):玉ねぎやアスパラガスなどの淡黄色野菜に含まれる成分。
◎カロテノイド(*ファイトケミカル):トマト、にんじん、かぼちゃなど赤や黄色、オレンジ色の野菜に多く含まれる成分。
◎クロロフィル(*ファイトケミカル):ホウレンソウやピーマン、パセリなど鮮やかな緑色の野菜に含まれる成分。
◎アントシアニン(*ファイトケミカル):ブルーベリー、プルーン、赤紫蘇などの紫色の果物や野菜に多く含まれる成分。
◎ゼアキサンチン(*ファイトケミカル):トウモロコシの黄色の色素に含まれる成分。
◎カルシウム、食物繊維
*ファイトケミカルは植物が細胞に貯えている特有の化学成分です。植物は有害なものから移動して逃げることができません。その場にとどまったまま有害な紫外線や放射線などで酸化されないように抗酸化物質を自ら作って自己防衛をしているのです。植物の抗酸化物質は人間の体内でも抗酸化力を発揮して活性酸素を強力に除去します。

ファイトケミカルの種類は数千種と言われ、まだ発見されていないものもかなりの数があるだろうといわれています。ほとんどのファイトケミカルは熱に強く、調理しても成分を失うことはありません。かえって植物の細胞内にあるファイトケミカルを熱で溶かしだすので生食よりも効果的といわれます。

抗酸化物質は食べ物から補給するのがいちばん安全で効果的です。特に野菜や果物は抗酸化作用のあるものが多いので食事の中心にするぐらい積極的にとりたいものです。しかし抗酸化物質の中には食べ物からとれないものもあります。そういうものについてはサプリメントが便利かと思いますが、大手メーカーのものを選ぶなど品質や安全性にじゅうぶん注意し、使用目安量をきちんと守ることが大切です。